2019年05月21日

 父は忘れる

「デール・カーネギーの人を動かす方法」をオーディオブックで聞いているのだけど、
その中で引用されている「父は忘れる」という文章を忘れないように書き留めます。

この文章はアメリカ・ジャーナリズムの古典のひとつで、
感傷的なごく短い間に書かれたものですが、その後様々な言語に翻訳されているそうです。

本の引用文を載せたサイトはいくつもあって、そこを参照しようとも思ったのだけど、
オーディオブックとして聞きやすく翻訳された文章が良かったのでそちらを起こしました。


カーネギーは、子供に小言を言いたくなったとき、
その前にこの文章を読むように薦めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

父は忘れる


お聞き、息子よ。今お前はぐっすりと眠っている。
小さな手に頬をのせ、汗ばんだ額に金髪の巻き毛がくっついている。

お父さんはひとりでこっそりと、この部屋に忍び込んできた。
ちょっと前まで書斎で自分の原稿を読んでいたのだが、
急に息苦しいような後悔の念に襲われた。
悪いことをしたと思いながらお前のところにやってきた。

お父さんがいま考えているのはこんなことだ。

お前にはずいぶんうるさく言ってきた。
学校へ行く仕度をしているとき、
顔の洗い方がいい加減だと言って責めた。
靴を磨くのを忘れていると言っては叱った。
持ち物を床に放り出したと言っては怒鳴りつけた。

朝食の席でも小言ばかりだ。
食べ物をこぼすな。よくかみなさい。
テーブルの上に肘をつくな。
パンにバターを塗りすぎだ。

そして、お前は遊びへと、私は会社へと出かけるとき、
お前は手を振って、行ってらっしゃいパパと言った。

それなのに私は眉をしかめて、
背筋を伸ばしなさいと叱った。

そしてまた、夕方にも同じことをしてしまった。

私が帰ってくると、お前は地面に膝をつき、ビー玉遊びをしていた。
ストッキングには穴がいくつも空いていた。
私はお前を家に追い立てて、友だちの前で恥をかかせた。

靴下はタダじゃないんだ、自分の金で買ってみろ。
そうしたらもっとありがたみが分かるだろう。

それがこの父の口から出た言葉だ。

それからこんな事もあった。

その後でお父さんが書斎で原稿を読んでいたとき、
お前がなんだかしかめっ面をして、おずおずと部屋に入ってきた。

邪魔が入ったことにイライラしながら、原稿から顔をあげると、
お前はドアのところでためらっていた。

なにか用か?
私は噛み付くように言った。

するとお前はなにも言わず、勢いよく駆け寄ってくると
私の首に腕を回してキスをした。
その腕には愛情がこもっていた。

お前の小さな心の中に、神様が咲かせてくださり、
私がどれだけないがしろにしても
しぼむことのなかった愛情が。

そして君は、パタパタと足音を立てて、二階へと去ってしまった。

息子よ、それから間もなくのことだ。
私の手から原稿が滑り落ちて、
身が引き裂かれるようなひどい気持ちが襲ってきたのは。

なんという習慣を自分は身につけてしまったのだろう。
粗探しをし、それを咎め立てする。
それが子供であるお前に対する仕打ちなのだ。

お前を愛していないのではない。
お前に無理なことを期待してしまったのだ。
私と同じ年齢の大人に要求するようなことを。

お前の性格には、良いところ、美しいところ、
正しいところがいくつもある。

お前の小さな心は、広い丘の向こうに出る朝焼けのように大きい。
誰からも言われないのに、自分から私に駆け寄って、
おやすみのキスをした。
そのことからもそれがよく分かる。

今夜はそれ以外の一切はもうどうでもいい。

こうしてお父さんは、真っ暗ななか、
お前のもとに来てひざまづいている。
恥ずかしい気持ちで一杯になりながら。

償いとしては物足りないかも知れない。
しかし、昼間こうしたことをお前に正面切って話しても
お前には理解できまい。

だから、明日からは父親らしい父親になってみせよう。
お前と仲良くなり、苦しいときはともに苦しみ、楽しいときはともに笑おう。

いらいらが言葉になって出そうになったら舌を噛もう。
呪文のように繰り返そう、
この子はまだ子供なのだ、小さな子供なのだ。

お父さんは、お前を成熟した大人のように扱っていた。

今ではわかる。息子よ、ベッドの中で小さく丸まって
泥のように眠っているお前を見ていると、お前はほんの子供なんだと。

ついこの間まで、母の腕に抱かれて、
母の肩にもたれかかっていた。

お父さんはお前に多くを要求しすぎた。
あまりにも多くを。


― リヴィングストン・ラーネッド
 
 


投稿者 sasagaki : 23:36 | コメント (0)

2019年03月15日

 浦島の亀にもっと想像力を




たまには何か書かないとアレしちゃうので
古典的な昔話いじりでもしようかなっと。


あの、浦島太郎の亀ね。
あれ組織に一人いると困るタイプですよね。
悪意はないけど想像力の欠如から現場を混乱に陥れる、
何しだすかわからないヤバいやつ。

まず、漁師を龍宮城に連れてくる感覚がどうかしてる。
そりゃタイやヒラメの舞い踊りで喜ぶだろうけど、
運営側は気が気じゃない。
釣り竿ずっと持ってるし。命がけの接待を強いられてる。
正直早く帰って欲しい。

自分が助けられたからって仲間全員を危険にさらしてるわけで
たとえ恩があったとしても割に合わない。
なにしてくれてんだ。

すると亀は情にほだされて漁師である浦島側についたのかというと、
別にそうでもない。
龍宮城に着いたらもうぜんぜん出てこないし、
恩人を最終的に玉手箱で爺さんにさせちゃってるのをどう考えているのか。
アイツのせいで浦島太郎、亀助けたら爺さんにされちゃうっていう
教訓もクソもない謎エクスペリエンスになっちゃってるのに。

そもそも龍宮城という強力なカードを持っているにもかかわらず
それを切るタイミングがおかしい。
龍宮城ちらつかせるなら普通、いじめられてる時でしょう。
「あ、ちょっと待って、きみたち龍宮城って興味ある?」っつて。
いじめをやめさせる交渉材料として十分だし、
最終的にいじめっ子を爺さんにさせちまえばいいわけで、
話としてもシンプルなものになる。

だのにあいつときたら助けが来るまでずっといじめられてんの。
龍宮城カードもったまま。
そんであろうことか助けてくれた人間を最終的に爺さんにさせちゃうわけ。
なんなの。何がしたかったの結局。

なんだか多分悪気もなくて、
ことの顛末もろくに確認せずに、恩返しで良い事したくらいの感覚でいそうなのがほんと怖い。
そりゃね、いじめられてた事自体はもちろんかわいそうだし、
基本ルールも逸脱してないからどうこうできるもんでもないんだろうけど。

ただもっと自分が何をしているのかよく考えて、
それによって誰がどんな気持ちになるのか想像して行動して欲しい。

こんど管理職をやることになったおじさんからのお願いです。
 
 
(例) できる亀の龍宮城カードの使い方
--------------------------------------------------------------------------------------------
あ、ちょ、ちょっと待って、いっかい棒置いて話聞いて、そう、いっかい聞こう。うん。
あのさ、きみたち龍宮城って興味ある?
いやー、まあなんというか、すごい、いいところっていうか。
まあ、亀いじめるよりはね。面白いっていうか。
つーかなにが面白いの?亀いじめて。自分で言うのもなんだけど、つまんなくない?
悪いけど龍宮城はホントやばいから。連れて行ったら全員超面白いってなるし。
アミューズメント感すごいあるし、なんかほぼ全員半裸だしね。
なんつーか、半裸でスポッチャしてる感じっつーかな。よくない?リゾート感すごくない?
これね、今しか行けないの。ほんと、交通手段が亀しかないんだから。どうする?
あ、いく?今から?OKOK。
じゃまず受付で渡される玉手箱にムームー入ってるから
すぐ開けて着替えてきて。
--------------------------------------------------------------------------------------------


投稿者 sasagaki : 19:21 | コメント (0)

2018年08月13日

 90円自販機とは

あのー、会社の自販機ね。

ああ、会社の自販機の話とかどうでもいいと思うんですけど。
どうでもいいことの中に物事の本質って隠れてたりするじゃないですか?
ありません?そういうこと。
まあ隠れてないですけどね。今回は。奇遇だね。

最近のオフィス自販機ってみんなICカード対応になりたいみたいなとこあって、
ICカード使うと10円引き!なんて言って。
ただでさえオフィス価格で100円なのに更に10円引いちゃう!つって。

ただ、ハード的には導入が追いつかないから今ならなんと。
100円玉入れると10円お釣りが返ってきますお得!お、お得!

っていうね。
鳴り物入りで登場した90円自販機が
まあ、導入直後から10円釣り銭切れで止まってるわけですけど。

そりゃそうだ、みんな買うたびに10円出てくるんだから。

そんでもはや、お釣りが出せないのでね、100円玉じゃね、買えません。
90円丁度じゃないと。90円自販機だから。

いやねえよ!そんな毎回10円玉4枚なんて!
このキャッシュレスの時代に。
なんだよ90円自販機って!

あっそうだ、自販機使いたいからコンビニ行って100円玉崩してこようー。
ってなんだよ!

いいからそこのマウンテンデューよこせと。
10円お釣りいらないから。110円でも120円でも払うから。たのむよ。

これがさ、UXとか真面目に考えてる会社の中の自販機ですからね。
絶望しかない。マウンテンデューも買えないし絶望しかない。

体内で決して売れることのないマウンテンデューを
キンキンに冷やし続ける巨大な置物と化す自動販売機という、
現代アートみたいなややこしいメッセージ性が生まれかねない。

あのね、駄目だぞ。といいたい。
そんなんじゃ、全然、駄目なんだぞ!ってね。

まあほんと、ブログに書くようなことじゃないんですけど。
140字でね、全然書ける内容ですけど。
無駄に膨らますことの中に物事の本質って隠れてたりするじゃないですか?
まあ、今回はたまたま隠れてませんけどね!
 
 
自販機には、ぜひ自覚を持った行動を、してもらいたいと、思います。
(NEWS ZERO 村尾キャスターの感じで)
 


投稿者 sasagaki : 20:14 | コメント (0)