« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月28日

 のび太

えなりかずきが実写版のび太をやるらしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000051-sph-ent

のび太と言うよりカツオなんだけどなあ。えなりは。
「ねえさんゴハンまだ?」とか言ってそうだし。普段からなんか言ってそうだし。

いぶし銀ののび太になりそうだ。

ドラえもんさん!ドラえもんさん!と基本的にさん付けで呼んでしまうえなり。
それはスネ夫さんが悪いですよ。と仲裁役に回ってしまうえなり。
しずかちゃんの入浴シーンにも全く動じないえなり。
半ズボンはすごく似合うえなり。
ジャイアンさんにはかなわないや。という卑屈な笑みを浮かべるえなり。
出木杉くんとは絡みにくいえなり。
道具を使うなんて卑怯じゃないか!と誰も求めていない正論を言い放つえなり。

あれ、ちょっと見てみたいかも。
えなりのび太。

誰にものびのびさせない感じでお願いします。

投稿者 sasagaki : 17:38 | コメント (0)

2007年02月27日

 ローンチ

ここのところの忙しさの種がようやくアレしました。
甘栗をむかないで食べたい人はチェック。
http://www.kracie.co.jp/

投稿者 sasagaki : 17:34 | コメント (0)

2007年02月26日

 ほのぼの or Die

近所にあるレコード屋の試聴コーナーで、
春には小学生になろうかという小さな女の子が、
その身体に見合わぬ大きすぎるヘッドフォンを耳に当て
ぴょんぴょん跳びはねていた。

見たところ女の子はひとりの様子で、
終わる気配のない母親の買い物に飽きて
お気に入りの音楽を聴くためにここへ来たのかも知れなかった。

ともあれなんだか素敵なものを見たようで
ちょっと幸せな気分になる。
あわよくば自分もその女の子のとなりの試聴機でぴょんぴょん飛び跳ねたい所だが、
もしそんなところを親に見つかったら
わりと真顔で注意されるような気がするのでできない。

女の子は何を聴いていたのかな。
たぶん大塚愛とかじゃないかな。
好きなんだね。大塚愛。

ん、でもまてよ。あそこの試聴機はおもてに並んでいた何枚かのCDを
選んで聴けるようになっているんだよな。

え、うそ、カサビアンだったらどうしよう。
カサビアンだったらどうしよう!

いや、いいんだけど。なんか怖い。
カサビアン聴く幼稚園児怖い。

世の中には大塚愛も必要だ。

投稿者 sasagaki : 11:51 | コメント (2)

2007年02月19日

 ローンチ

ビューティになりたいひとは。(ビューティーは否)
http://www.kao.co.jp/asience/tab/

投稿者 sasagaki : 17:36 | コメント (0)

2007年02月16日

 ぼやぼや

いやー、こう天気がいいとアレですね。
公園とかに行きたくなりますよね。
海が見えるタイプの。

やれインターネットだ、ホームページだ、
修正しろだの納品しろだの、みんな言うけども、
そこから海は見えんのかってね。言いたい。

そこから海は見えますか?
心に海はありますか?
つってね。

そういうことを試しにプロデューサーに言ってみたら、
いいから納品してくださいって言われました。
納品日だからね。

分かる。分かるよー。
ただね、納品と海と、どっちが大事なんですか納品ですか。ですよねー。

はい。

なんだかとても2週間前グアムにいたとは思われない。
そのグアムもそんなにゆっくりしてきたわけではなくて、
ダイビングライセンスを取るためにかなり駆け足でこなしてきた感があります。
連日徹夜のまま一夜漬けでテキストを頭に詰め込み、
一睡もせぬまま国内で筆記テストを受け、翌週には飛行機に乗ってました。
それまで睡眠が3時間を切る生活。
海に潜ったらもう浮かんでこないかと思いましたし実際浮かんできませんでした。
死ぬよ。

帰国翌日からもう徹夜してましたから、思い出に浸る余裕もなく、
記憶も曖昧でうまく思い出せません。
とはいえ気持ちはふわふわしたままで、これは本当に現実なんだろうかと。
僕の現実は南の島に置き忘れたままなんじゃないかと。
そんな思いを抱えてぼやぼや生きておったのです。

ただ先週、小学校の同窓会に出席してきまして、
古い思い出に浸るうちになんとなくこちら側に着地できたような気もします。
空気も肌に馴染んで来たかも知れません。

あ、じゃあ納品します。

投稿者 sasagaki : 18:23 | コメント (6)

2007年02月06日

 ボールペンがすぐなくなる件について

あのー、よく分からないんですけど、
僕の文房具って勝手に持って行っていいことになっているんですか?
ボールペンのなくなる率が半端じゃないんですけど。
企画書を留めるためにプリンタの上に置いたホッチキスも
ちょっと目を離した隙に無くなっていて、
なぜか他の人からホッチキスを借りることに。

僕は基本的に人からものを借りるのが嫌なたちなので、
会社の備品を使わずひと通り自前で揃えてあるんですけど、
そういうもの達は端からどんどん無くなっていき、
必要な時に手元にないことが多いのです。
けっこう気に入ってたやつなんかも平気で無くなります。
いったいどういう人が持って行ってしまうんだろう。
きっとあんまり自覚してないんだろうな。
文房具は共有財産という意識のもと、悪意なく持って行ってしまう。

でも今まで無くなったものの数を考えると、
そういう人たちのポケットは今や僕のボールペンでぱんぱんなんじゃないだろうか。

もし僕がこのまま際限なくボールペンを買い続けると、
みんなのポケットからはボールペンがあふれ出してしまう。
ズボンなんかもびりびりに破けてしまう。
引き出しもぜんぜん閉まらないし、
ペン立てなんかはボールペンが入りすぎて抜けなくなり、
100本くらいの線が同時に引けるオモシロ文房具になってしまう。
そんな会社は嫌だなあ。

そうだ、これからはちょっとずつ変な色のボールペンを買っていこうかな。
そうするといつの間にかみんなのメモ帳がカラフルになったりするかも知れない。
メモ帳がカラフルになるとなんだかみんな穏やかな気持ちで仕事ができるような気がする。
普段は絶対に描かないけど、ペンがピンク色だからハートマークを描いてみたりとか。
そういう。

まあ、実際は100本のカラフルな線が同時に引ける
オモシロ文房具がもうひとつできるだけだろうけど。
 

投稿者 sasagaki : 18:12 | コメント (9)

 ローンチ

そういえばこんなサイトが立ち上がりました。
夏川純ファンは必見です。
http://www.lake.co.jp/cm/cm.asp

投稿者 sasagaki : 18:10 | コメント (0)