« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月29日

 ややこし

君が恋愛してた頃とは世の中だいぶ変わってるから、
もうその時の手法は通用しないよ、と事情通の先輩が言ってました。
ほほー。なるほどねー。そうかそうか。

マジで?

え、うそ今みんなどうしてるの?
デートとか普通どうするの?

まずガスト集合でしょ。
あすこはドリンクバーがあるからいいよねー。もと取るまでは飲み続けようぜ。
お腹がたぷたぷになったらいよいよお楽しみ。
隣町の図書館まで自転車を飛ばすんだ。
あそこの図書館は「はだしのゲン」置いてあるからマジアツイよね。
ここらじゃ一番のホットスポットさ。
5時半で係員に追い出されるまで「はだしのゲン」を読もう。ヒロポンって怖いなあ。
暗くなってきたらすこし背伸びをしてダイエーのアミューズメントコーナーへ。
ちょっと不良っぽくてドキドキするよね。
生産性のないメダルゲームに飽きたらお腹もすくし自然と帰りたくなるもの。
でも帰り道の公園は浮浪者がいて怖いからダッシュで通過しなくっちゃ。
急げ。

という流れじゃないの?
豊富極まる僕の経験上、これで鉄板のハズなんだけど、
どの部分が通用しないというんだ。
ああ、やっぱアレかい?女子は「はだしのゲン」とか分からないのかい?
クツ履けばいいのに。みたいに思っているのかい?
いや、あのー、それにはいろんな事情があるし、
実際クツは履いているからねゲンも。後半とか履きっぱなしだからね。
大丈夫ですよ。じゃんじゃんジャガイモサツマイモ。大丈夫ですよ。


うーん。どうもそういう事でもないらしい空気ですね。読むよ。そういう空気。
ぼんやりしてたらいつの間にか
いろんな事がよく分からないふうになっているのだな。
どうしたものか。

知らないよ、
予約しないと入れないビルの上の方にある食べ物屋さんの事なんか。
ややこしいもの。

投稿者 sasagaki : 22:53 | コメント (5)

2007年07月26日

 箍

タガってあるじゃないですか。
あの、桶とかを止めておくわっかみたいなやつらしいんですけど。
それがゆるむ事ってありますよね。
うん。
それです。

MAC Proを買いました。インテルCPUのやつ。

いや、なんかちょっと前に家のG4が起動からガリガリ言い出したもので、
いつか買わなきゃなあとは思っていたんですよ。ホントですよ。

ただまあまだもうちょっとは大丈夫だろうと。
G4も遅くてうるさいながらもなんとか健気に動いているし、
ヘビーな作業は会社でやればいい。
いつか自分がふさわしい身分になったら
ご褒美として買う事にしようと。
そう思っていたんです。

したらなんか、全く予想できないタイミングでiPodが死んでしまい、
やむなく買い換える事になり、ですよ。
なんかこう、もういいやっていうか。わわーってなってですよ。
なかばアホな子のふりをしてアップルストアの購入ボタンを連打してました。
もう身分もへったくれもない。

まあ、確認画面で個数を1に戻して冷静に手続きしましたけどね。

それが先週届いたんですけど。
あれ、デカくないっすか?
大きさ的にもiPodの勢いで買うものじゃない感じがします。
狭い僕の部屋の中でも最も強烈な存在感を放っています。カリスマです。
いや、もう僕の部屋って言うよりは、
MACの部屋に僕もいる。みたいな感じで。
なんなら若干遠慮してしまいそう。

投稿者 sasagaki : 00:14 | コメント (3)

2007年07月18日

 nano

あのー。あれですよ。
けっこう長い事使っていた初期型iPodシャッフルがね、
こう、急にシャリシャリ言うようになりまして。
唐突に動き出した自動ボーカルキャンセル機能の働きによって、
歌の人だけ遠くの方に行ってしまう。勝手に行ってしまう。

なんだ、シャッフルだけでは飽きたらず、
ついに全曲インストにアレンジし始めたのか。
やるなあiPodシャッフル。
お前はアレか、オシャレか。

わあ、ここってこんな楽器鳴ってたんだー。コーラスも入ってたんだー。
とかまあなんだか新鮮だったので、
しばらくそのままにしておいたんですけど、
いい加減寂しい気持ちになってきましてですね。
なんか自分だけコンサート会場に入れないみたいな。
ダフ屋と交渉してるうちにライブ始まっちゃったみたいな。
なんかそういう貧乏くさい気分になりまして。

いたたまれないのでiPodナノを買いました。

20070718.jpg

いやー、iPodナノはすごいなー。
やっぱりシャッフルとはわけが違う。
鳴るからね。音が。

かっこいいなあ。小さいし。
インターフェイスも洗練されてるよなー。うん。
それでコレどうやって電源切るの?

投稿者 sasagaki : 23:00 | コメント (4)

2007年07月10日

 枯

最近部屋の観葉植物が次々と死に絶えてゆくので
これは僕がかまってやらなかったからじゃないかと思っています。

いや、水はあげてたけど、それだけじゃダメなんだ。
ちゃんと見ていてあげないと枯れてしまう。
成長を確認してあげないとやる気をなくしてしまう。
植物ってそういうとこあるよね。
あいつらさ、見てないとき絶対油断してるよね。

うわーキレイだなあ、この花、香りもいいなあ、すごいなあ、
え、なにこれホントすごい、すごいキレイ、やばいキレイなんですけどウケル。つって。
そういうこと言ってるときは確かに生き生きしているんですけど、
だんだん慣れて来て目を向ける回数が減ってくると露骨にぐったり下を向いてしまう。
そんでまたチヤホヤしてみるとちょっとだけ元気になったりする。
もうアレじゃないの、誰も見てない時とか花なんか咲いてないんじゃないの。
見た瞬間に急いで咲いてるんじゃないの。という。

とにかく植物は植物なりの自意識を持っていて、
ある程度かまってあげないとダメなような気がします。
自分はそれを怠ってしまったのではないか。
忙しさにかまけて、水さえあげていればいいやという怠惰な気持ちで、
そういう半端な態度で接する事で可哀想な植物達は枯れてしまったのではないか。
そう思われて止まないのです。

それかエアコンの影響か。
あ、普通にそれっぽいけど。

投稿者 sasagaki : 16:21 | コメント (2)