« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月20日

 やっかい

いや、あのー、なんでしょうか。これ。
よく分からない事になっています。

困った人に当てにされる性質は昔から変わらないようなのだけれども、
今回はちょっとスケールが大きい。

木曜日の夜に滅多に鳴らない僕の携帯電話が鳴りまして、
それがもうかれこれ8年近く会っていない高校時代の女友達からだったんですけど、
その第一声が「かくまって欲しい」でした。
なんでも親に殺されるとかなんとか。

あー、なるほど、そういう事ってあるよねー。
風呂上がりとかによくあるよねー。
ねえよ!
なにその状態!未曾有!

話を要約すると、
その子は父親に殺されそうになって家を飛び出し、
ビジネスホテルに泊まっているらしい。
警察に相談したが、父親の逮捕状が出るのが週明けになりそうで、
それまでの居場所がない。
体調を崩し現在働いておらず、お金もない。
ホテルは明日朝10時にチェックアウトせねばならず、
その後の安全な身の置き場がない。
だからかくまって欲しい。
ということらしい。

そ、そうか。なるほど。なるほど。
えー、うちに?来るの?
なに犬も連れてくるの?うちの住所を警察に報告するの?
まて、まて、まて。それはちょっとまて。

まさかの急展開に狼狽するあまり、
「か、彼女いるから!」と、
およそこの世で最もみっともない種類のウソをついてしまいました。うぐ。

しかし、もうちょっと近しい友人で頼れる者はいなかったのだろうか?
とにかく詳しい話を聞かないと何とも判断できないので、
現在世話になってるという刑事課の人間の連絡先と、
宿泊中のビジネスホテルの住所を聞いて、
その住所がわりと実家に近かったのでとりあえず実家に相談する事にしました。

幸い実家には母の部屋がまるっと空いているはず。
事の真偽と、その他もろもろの判断は家長である父にゆだねよう。
と、父に事情を説明し、彼女から改めて電話をかけさせるように段取りました。
あとは野となれ山となれ。こっちは仕事がパツパツだい。

あけて金曜日。状況を把握する為に再び父に連絡しました。
曰く「ひどく面倒なことになっている。お前は関わるな。」
とのこと。

えー!なにそれ!どうなったの!?
すげー関わりたいですけど!

父の気遣いはおそらく正しいのだろうけれども、
とりあえず実家に迷惑をかける以上は自分も責任を取らなければならないので、
なんとか仕事を持ち帰り、週末実家に戻りました。

いやー。
本当に面倒な事になってましたよ。わー。

そんなわけでいま実家には家族と全く面識のない女子が居候しています。
なんだこれ。

あの、悪いけど自分は仕事に戻るよ。
大した事はできないけれど頑張って生きていこう。
 

投稿者 sasagaki : 00:16 | コメント (4)

2008年02月14日

 洟

僕の鼻からどんどん体液が流れ出てゆくのです。
食い止めようにも手だてがないし、
今はただそのままにしています。さようなら僕の体液。

こうしている間にも僕の鼻からはいろいろと大事なものが
流れ出ていってしまうのではないだろうか。
夢とか希望とか。そういうやつが知らぬ間に。

もしそうだとしたら、
僕は夢とか希望とかをティッシュにくるんで
次々とゴミ箱に捨てていることになる。
現に僕の机のゴミ箱は夢と希望と鼻水であふれかえっていたわけで、
それをさっき清掃のおばちゃんが黙ってビニール袋に入れていったわけで。
僕の夢と希望はそう遠くない将来焼却処分されると思う。

ね。まあ。
要するに風邪を引きました。
すいません大げさで。

鼻の下がカピカピしますササガキです。


さっきあの、机の引き出しを何度か開け閉めしてみたんですけど、
別になんにも入っていませんでしたよ。
いやなんか普通に文房具とかは入ってましたけど、
甘いものが出てくる様子はありません。
どうしましたか?

投稿者 sasagaki : 23:00 | コメント (0)

2008年02月08日

 いしがそい

あー、こういうの、なんて言うんだっけ?

この眠いような感じ。実際寝てないし眠いような感じ。
家に帰ったら朝刊を配る人と鉢合わせしたりする感じ。
なんか自分のスケジュール帳ってこんなに黒かったかな?みたいなやつ。
こういうのひとことで言う言い方なかったっけ。
いそが、なんとかっていう。

イソガニ。かな。うん。聞いたことあるぞ。
とにかく2月が過ぎればイソガニくなくなるハズなんですよ。

あーでも、終わるかなあ2月。
僕も今まで何度となく2月を経験してきたけど、
今回ばっかりは終わらないんじゃないかと思ってます。

ほんと、うっかりすると2月の次、また2月来ちゃうからね。
しれーっと2月の2ラップ目突入しちゃうから。危ない。
月の変わり目に細心の注意を払わないと。

うるう年とかほんと、引っかけ問題ですから。
あいつら隙あらば繰り返そうとしますから。2月のやつら。

もうね、2月も2ラップ目ともなればアレですよ、
先方担当者の服の色とか変わってますからね。ピンクに。
そんですごい戦闘力。
見た目ただの色違いなのにあり得ない速度で移動したりする。
必殺技使い放題だったり、
気持ち宙に浮いてたりする。

戦えるかなあ。僕イソガニだけど。まあ、できる範囲で頑張るよ。
横にしか移動できないけど頑張るよ。

投稿者 sasagaki : 23:33 | コメント (4)

2008年02月02日

 かゆみ

なんか、全身がかゆいのですけども。

肩から肘にかけてとかもうなんかやばい。赤いし。
あんま見たことない感じになってる。
なんだろう、これはもう皮膚と言うよりも甲殻類のそれというか。
このままだと僕は脱皮して何かになってしまうのではないだろうか。
文字通り一皮むけてしまうのではないだろうか。
いや、あの、確かに今年は変化の年とは言いましたが、
そこまで変化しなくて良いんですけど。

これからはwebの作れる甲殻類として生きていかなければならないのかもしれない。
「デザインできたカニー!」とかいって口から泡を飛ばしたり、
書類持ったまま道路脇の溝に入ろうとして車に轢かれたり。やだよ。

さすがにこれは普通じゃなかろうと、
なにか良からぬ細菌に犯されたに違いないと、
近所の皮膚科に飛び込みました。
皮膚科って初めて行きましたよ。
早速メガネの医者に僕の甲殻たる部分を見せつけてやったのですが、
リアクションがいまいちパッとしない。「ふーん」とかそんな。

あれ?そんなもん?
もっとこう、ないの?言い方。
心に響く感じの。
ほら、見てパッサパサ。肩パッサパサ。ね。よく見て。
もっと僕を見て。僕はここにいるよ。ずっとそばにいるよ。いるはずもないのに。
いや、いるはずはあるけど。
いるはずもないやつがずっとそばにいたら怖いから。

それでまあ、結局診断結果は「乾燥肌を掻きすぎ」というみっともないものでした。
あの、僕これてっきり菌とかウィルスの仕業だと思ってまして、
すんごい頻繁に洗ってたんですね。
とにかく清潔でなければならないだろうと勝手に思って
かなりゴシゴシしつこく洗ってました。

あーなんか、それ、ダメみたい。
医者にすごい聞かれましたから、ひょっとしてゴシゴシ洗ってませんか?って。
え?ああ、まあ、時々、やってたかも?みたいな感じ?
つって、嘘!ごめんすごいやってた!
それはもう毎日親の敵のようにゴッシィゴッシィやってました。
いっけねー!

なんかあんまり洗いすぎると脂がなくなって乾燥がひどくなるし、
肌も傷つけてしまうのだとか。
そんなわけで、かゆみとアレルギーを抑える薬を出してもらう感じになりました。

あ、それで、席を立つ前にふと思い出しまして、
スネのあたりにも同じようなかゆみがあったので、
念のためそれも見てもらったんですけど、
なんかその医者、ひざこぞうの怪我にえらい食いついてました。
これなんですか!?どうしたんですか!?て。
さっきまであんなに淡泊だったのに、
急に若手芸人みたいな前衛姿勢。もう僕のひざこぞうに興味津々。
なにこれ?なにこれ?って。
お前はあれか、ひざこぞう見るの初めてか。

あんまり熱心に食いついてくるので、
知らない医者に自転車でコケた話をする羽目になりました。
いやー、その後の興味の失い方は半端なかったね。
ちょっと落ち込んでたものね。

ごめんよ、僕が下らない怪我なんかしたばっかりに変な期待もたせてしまって。
あ、薬塗ったらすごい勢いで治りましたから。
ありがとうございます。

投稿者 sasagaki : 01:44 | コメント (2)