« 2008年02月 | メイン | 2008年04月 »

2008年03月29日

 クラーク

桜が満開だというのに出社しています。
ササガキです。
桜が満開だというのに。

ほら、桜の方としてはアレじゃないですか、
僕のために咲いてるみたいなとこあるじゃないですか。
なのに僕ときたら品川のビルの隙間に閉じこもって、
なんかモニターに向かってカチャカチャやってる。
インターネットとかやってる。

バカかよ。
桜咲いてるのに。

僕がこんな事をしている間に
アーサー・C・クラーク氏が亡くなりました。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/19/news025.html
"ロボット三原則"のアイザック・アシモフ氏と並び称されるSF作家です。

若い時分にSF小説を読んでいた時期があって、
「幼年期の終わり」「宇宙のランデヴー」なんか読みました。
なぜか「2001年宇宙の旅」は読まなかったんですけど。

「宇宙のランデヴー」のラーマ発見のくだりとかいまだに覚えていますよ。
直径40km、自転周期4分という巨大な円筒型の金属体が地球に接近し、
騒然とする全人類を、最終的には完全に無視するという。アツい!

「幼年期の終わり」なんかもね、いいよ。
ほら、人類の文明もいいかげん進歩しつくした感とかあるじゃないですか、
もうこの辺が打ち止めでしょ。みたいなことを誰もが心の隅で思っている。
だけどそこへやってきた空気の読めない宇宙人だかなんだかが、
「あー、君たちあれだね、そろそろ赤ん坊卒業だね」みたいな事言う。
どんだけ上から目線なんだっつー。
こっからどんだけ長いんだっつー。
そんで、全人類がちょっとだけ進化するの面倒になります。

やめだやめだー。めんどくせー。進化めんどくせー。
やれ鉄だ石炭だ、やれ電話だパソコンだ、
なんの意味があるの?
猿が道具を使って人間になったように、
人間が文明を使って何かになるって?
なにそれ。
幸せ?それ。
猿には猿の幸せがあるよ。バナナうまいしね。ほんとバナナうまいしね。
よくねー?バナナうまければそれでよくねー?

ってなる。そりゃあなる。
なにしろ幼年期ですから。
いわば第一次反抗期。グズりもするわけだ。

まあ、「幼年期の終わり」がそんな話だったかどうかは、
正直記憶が定かではないんだけれども。
だいたいそんな感じだったと思います。たぶん。わかんないけど。

だからね、もうインターネットが次世代ですごいとか、
そういうのアーサー・C・クラークからしてみれば
ちゃんちゃらおかしいわけですよ。
そんなの次世代とかいってたら宇宙人間違いなく失笑ですよ。
「え?WEB2.0?本気?」って。
「セカンド・・・ライフ?・・・ごめん、もっかい言って?」って。

ね。

そんな仕事を休日使ってやっていますササガキです。
バナナ買って帰ろう。

投稿者 sasagaki : 23:18 | コメント (0)

2008年03月21日

 テレビ

あのー、テレビがね、映らないじゃないですか。

いや映ると言えば映るんですけど、
5秒くらいで電源が落ちるじゃないですか。

ん。あれ?テレビってそんなだっけ?
みんなそう?
テレビは1メートル以上離れ、5秒で消して下さい。って言われてたっけ?


なんか、先週の土曜日格闘技やってたじゃないですか。
ミルコ・クロコップが出るとか出ないとか、出ても首だけ無いとか。

それがすごい見たくてテレビつけたんですけど。
ああ、テレビじゃないや、テレビデオだ。テレビデオつけたんですけど。
アイワの。ど迫力14インチ。
音もステレオで鳴りますからね、それはもう大変な臨場感でございますよ。
いわば2.0チャンネル。
すさまじいポテンシャルですよ。

まあそれも5秒以上電源がついていたらの話でございましてね。
なんかテレビデオのビデオ部分がウィンウィン言った挙げ句
バツンと電源切れる。
ミルコがジャブを打つたびに切れる。
もうじっとしとけよ。

仕方がないので僕もテレビの主電源ボタンに向かって
5秒間隔でジャブを打ち続けることになりました。
ミルコとの疑似試合です。
僕が攻撃の手を休めるとミルコは消える。
もう一度叩くと馬乗りミルコが表れる。そして消える。
もう一度叩くとレフェリーに止められたミルコが表れる。消える。
もう一度叩くと井上和香登場。

あれ?ミルコvs井上和香だっけ?
井上和香のタックルをミルコが膝で迎撃!うまい!とかだっけ?

まあ、そういう感じで、
よく分からないままに試合が終了してました。
なんだよ。もういいよ。

つってふて寝。


でもまあ、よく考えたらあのテレビ高校の時から使ってるし、
よく持った方か。うん。頑張ったな。
機会があればまた出会いたい所だけど、
もうどこのメーカーもテレビデオなんて作ってないんですね。
ちょっと寂しい。

もう今や地上波もデジタルの時代だもんな、
東京タワーも役目を終えて、変な名前のタワーに代わる時代。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008032090071409.html

「ゆめみやぐら」かあ。

いや、東京どっかに必要じゃね?

投稿者 sasagaki : 12:54 | コメント (0)

2008年03月19日

 ローンチ

まあ、いろいろとアレしているサイトです。
テレビを見ながらサラッサラの髪の毛になろう。

・三菱電機液晶テレビ「REAL」
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ctv/

・花王 アジエンス
http://www.kao.co.jp/asience/special/movie/index.html

投稿者 sasagaki : 12:50 | コメント (0)

2008年03月14日

 棲みか

来てますね。
アレが。春が。
いつの間にやら来てますよ。

よく春の足音が聞こえるなんてことをニュースで言ったりしますけど、
あの、全然聞こえませんから。
完全に忍び寄って来ますからあいつら。

いつも通りの冬の町を歩いていて、
ふと振り返ったら梅が咲いていたりする。
いや、ほんと、絶対振り返る前は咲いてなかった。なのに今見てこれ。満開これ。
春の奴が気配を消して背後に立っていたとしか思えない。

およそ見えないところで季節は進みます。
やれやれ。

当方まだ春を迎え入れる体制できていませんけど?
少しはこっちの都合も考えて欲しいものです。

そう、それであのー、ちょっと暖かくなってきたんでバイクにでも乗ろうかと思って、
こう久々にバイクにかぶせてある銀色のシートをばさっと外してみたんですけど、
なんか、中からいっぱい猫が飛び出して来ました。
ギニャー!つって。
僕も負けじとうわー!つって。
ギニャー!うわー!つって。

どうも猫の方達は冬の間僕のバイクのシートの中で暮らしていたみたいなんですね。
座席の上とかもう、なんかある種の巣っていうか、
ここで先ほどまで営んでいらっしゃった感じの
完全なるくつろぎ空間に変貌しておりまして、
まあぶっちゃけ毛がすごい。生え代わった冬毛やら、
吐き出した毛玉やらが渾然一体に。
カオス。カオスがここに。うっかり僕のバイクの上に。誰かー。

うろたえる僕と同じような顔をした猫と瞬間目が合いました。

ああ、ごめんよ。くつろぎの時間を邪魔して。
でもさ、これ僕のだから。
そんな非難がましい目で見てもダメだから。
確かに暖かいかも知れないよ。なんか座席の上ふかふかしてるしね。
でもこれ違うから。小屋じゃないから。
けっこう走るやつだから。
君たちの大嫌いな音を出して走るやつだから。悪いけど。

つって、風を切って走り出す前に
しょぼしょぼバイクの掃除をする事になりました。

乗りだした当初は近所の猫たちを震え上がらせた僕のマッシヴモンスターも
今やうかつな猫たちの愛の巣に。
けしかるかけしからないかで言ったらけしからぬ話だけれども、
まあちょっと地元に受け入れられたようで嬉しくもある。
そんな初春のひとときでございました。

今年の夏もちびっ子猫たちが近所を走り回る事になるのだろうな。
ん。もうちょっとここにいてみようか。

投稿者 sasagaki : 20:20 | コメント (0)

2008年03月10日

 熱

どうも。
取り急ぎ生きていますササガキです。

金曜日、なんか悪寒がするなとは思ってたんですよ。
まあ、たいして飲みたくもない缶コーヒーを習慣で飲み過ぎたからだと思って
いつも通り深夜まで仕事してから帰ったんですけど。

その晩高熱にうなされることになりました。
いやー、やばい、死ぬわこれ。
しんどくて眠れないし、起き上がると頭痛いし、
薬は愚か食料的なものも何も置いていないので
今を生き抜くすべがさっそく見当たらないという事態に。なんてこった。

なんかいろんな面倒ごとを残して死ぬのも嫌だけど、
こういう場合は許されるだろうか。
しょうがないよね。
だいたい今の時期ってむしろ死ぬのには悪くない時期かもしれないぞ、
守るべき家族もないし、見つかっちゃまずい物もそんなないし。
ん、よし、行ける!今なら行ける!
と、前向きなネガティブ思考を展開した所で目が覚めました。

時刻は15時を過ぎており、相変わらず頭痛はするものの、
熱っぽさはいくらか引いていたのでなんとか起き上がり、
夜に備えて買い出しに行きました。

いつもより冷たく感じる外の空気にガクガクしながら、
とにかく2日分の流動食と、薬を買いに薬局へ。

薬局のおじさんに相談したら、
何やら効きそうな薬をたくさん出してくれました。
総合風邪薬と一緒に飲んでも大丈夫な整腸剤。なるほど。
帰り際に「水分をたくさん取ってくださいね」との温かい言葉までもらいました。

ありがとう。今ひとつだけ嘘が許されるなら、
僕はおじさんと結婚したいよ。嘘だけど。
ほんと、そこは嘘だけど。

適当に食事を済ませて再び横になったら、
程なくしてまぶたが重くなり、また翌日昼まで眠り続けました。
結局土日はほとんど寝て過ごしたことに。
出社する予定だったんだけど、まあたまには良いか。

あとはテレビをたくさん見ましたよ。
お昼の競馬番組とか最後まで見ちゃった。
競馬やったことないけど。

高橋尚子は残念だったね。
まあ、うん。よく知らないけど。

しかしテレビって毎日毎日こんなにいろんなことやってるんですね。
久しぶりに見てびっくりしました。
よくやるなあテレビの人。
世界ふしぎ発見!とかいって、そろそろ不思議もなくなるだろうに。

寝込んでる場合じゃないや。
なんかとりあえず生きないと。
ミステリーハンターに申し訳ない。

投稿者 sasagaki : 01:39 | コメント (6)

2008年03月01日

 自転車

いやあ。世の中にはいろんな事があるものだなあと、最近とみに思うわけですが、
そういうふうに感慨に浸っている間にも僕の身にはいろんな事が起き続けています。

ほら、大きな厄介ごとに気を奪われているうちに
小さな良い事が立て続いて起こっているみたいな事ってありそうじゃないですか。
要は気の持ちようだぜーみたいな事で。
あってもいいじゃないですか。

でもないね。

大きな厄介ごとに気を奪われているうちにも、
小さな厄介ごとがどんどん起こるね。

そんなわけで先週自転車が壊れました。
突然飛び出して来た原付に当てられて、前輪のホイールがぐんにゃり。
自転車というのは前輪がぐんにゃりすると思ったより面白い感じの走り方になりますよ。
自動蛇行運転機能の働きによって、
誰が乗っても自転車おぼえたてみたいに。低いレベルで公平な乗り物に。

とはいえそんな乗り物はいらないし、
通勤で毎朝面白い感じになられても困る。
てんで新しいホイールを探してみたんですが、
tokyobike.comというメーカーの自転車は、
普通よりちょっとインチの小さいホイールを履いているらしく、
代用品が全然見つかりません。
自転車売り場のおじさん渋い顔。

仕方がないのでもろもろネットでパーツを取り寄せて
自分で何とかすることにしたんですけど、これが思ったより苦戦。

深夜帰ってから作業を始め、
タイヤとかチューブとかをはめ込んで空気を入れ、
朝を迎えると空気がまるっきり抜けている。
そんなことを3日ほど続けて
ようやく気の抜けない本気タイヤを作り出すことができました次第です。
思えば意味不明のパンク修理に明け暮れた日々でありました。

それであの、なんか、自分自転車のこととかよく分からないんですけど、
見た感じ格好良いかと思って
スポークの少ないホイールを買ってみたんですね。せっかくだし、
オンラインショップのサムネイル画像がシャー!ってなってましたから、
なんか行けると思って。
で、どうにか前輪はそれになったわけなんですけど、
もう後輪の方に手を付ける気力がありませんから、そっちはそのままにしています。
前後輪が明らかに別物。
挫折感を満載して走ります。

いや、逆にオシャレだから。
みたいな解釈で今日も生きて行けると思う。

投稿者 sasagaki : 01:30 | コメント (3)