« 2009年06月 | メイン | 2009年08月 »

2009年07月21日

 癖/免許/精神論

渋谷のドトールでジャーマンドッグを食べてたんですけど、
なんか、隣りの席でスーツ姿の中年男性が熱心に本を読んでおりまして。
まあそれが「成功者が持つ不思議なクセ〜」みたいな本なんですけど、
それを読みながらも貧乏揺すりが一向に止まらない様子なので、
あー、この人はそんなに成功しなさそうだなあと思いましたササガキです。
ちなみにその本の下には「マーフィーの法則」もありました。

あの、なんだろ。とりあえず努力しようか。
努力して、それから成功しよう。ね。いい年なんだしさ。
いまさら付け焼き刃の知識で人生ショートカットしようとしても
あんまりいい事にはならないんじゃないかと思うよ。

と、3連休の初日に1人でジャーマンドッグ食べてる
自分もどうかと思うわけですが。
でもいいんだ。
なにしろこっちは今しがた大型二輪の卒業検定に合格してきたんだからね。
こうやってちょっとずつクサビを打ち込んでじりじり上っていくんだ。

いやー、久々に緊張した!なにあれ、一本橋!怖いわ!
実際あんな道あったら迂回するわ。
それかバイク降りるわ。
そもそもそんな道あるって知ってたら電車で来てるわ。

幅30センチ、長さ15メートルの台を10秒以上かけて
渡らなくちゃ行けないんですけど。踏み外したら即失格。
なんですかね、あれもうバイクの技能と言うより勇気。
振り返ると石化するんじゃないかっていう。冥府におけるオルフェウスの呪い的な、
精神が試されるものなんじゃないでしょうか。

わー、試されたわー。すごい精神試されたわー。
危うくCB750と一緒に石化するとこだった。あぶねー。
それをくぐり抜けたよね。頑張ってこなしたよね。

今日鮫洲の試験場で免許受け取ってきたんですけど。
あれなんですね、別に誰も褒めてくれないんですね。
教習所では一応「卒業おめでとう!わあー!」ってなったのに。
やっぱり国家権力は甘くない。

そりゃこういう顔にもなりますよ。

投稿者 sasagaki : 20:22 | コメント (3)

2009年07月17日

 教習所

なんか、教習所に通ってます。

ほら、あのー、恵比寿の方にある、なんかへんな赤い玉の。
いやホント、見た事ない人はわけがわからないと思いますけど、
とにかくすごい、へんな赤い玉の。
あの赤い玉に突然取り込まれ、
今はサルベージされるのを待っていますササガキです。
このままだとエヴァンゲリオンさんになってしまうと思う。

あー、もし本当に使徒が攻めて来たら、まずあそこが狙われるんじゃないでしょうか。
絶対あやしいもの。
東京のコアはあそこでしょう?見た感じ。
それはもうシネシネーつって、ガンガンやられる。
まあ本当はなか空洞だけど。
キャンセル待ちの若者達がくだを巻いてるだけだけど。

あの、大型二輪の免許を取ろうと思いまして。
まあ今まで中型免許で250ccのバイクに乗っておったわけですが、
これにね、不満とかは全然ないんです。
ただなんと言うか、前進感って欲しいじゃないですか。
よわい30にしてなんの進歩もないような僕としては、
無理矢理にでもなにか前進させないと、言い知れぬ不安に襲われたりするわけで。
で、まあアレです。仕方がないのでとりあえず、
30代男子が1人でできる事をできるだけ頑張ってみようと。

なにしろあれでしょ。免許って、国が認めてくれるわけでしょ。
僕の前進を。純然たる僕の進歩の証を。

なにかを前進させるときって、
それにつられていろいろな変化が起こるものですよね。
気持ちも前向きになるし、仕事だってなんだか新たな局面を迎えたり。
いろいろ良い事が起こりそうな気がして、
久々にうきうきしながら教習を受けてます。
よーし、いい感じだ。喰らえ!俺の急制動!つって。
物事が良い方向に動き出した予感をアクセルに感じながら。

で、昨日家の近くのレンタルビデオ屋がつぶれました。

うん?
 

投稿者 sasagaki : 19:22 | コメント (4)

2009年07月09日

 割り箸抜けない

近所のラーメン屋の割り箸が筒から全く抜けないんですけど、
アレなんなんですかね。
変な缶カラの筒に鬼のような圧力で詰め込まれていて、
一膳つまんで全力で引っ張っても筒が空しく宙を舞うだけで
うんともすんともいわない。
アレはもう割り箸の束と言うより丸太だと思う。
ラーメンを食べるための道具のはずが、いつの間にか建材に。
あの割り箸を詰めている店員は
店内に城を建てるつもりじゃなかろうか。

投稿者 sasagaki : 23:06 | コメント (4)

2009年07月02日

 あじ

刺身ってさ、あれ結局、しょうゆの味でしょ?

と、ふと思ってた事を口にしてみたら、
友人にすごく嫌な顔をされました。

あーこれ、知ってるぞ。
「エヴァンゲリオンって、ガンダム?」って聞いたときと同じ顔だ。
さては僕のことをアホだと思ってるんだろう。

いや、だって、素材自体はそんなに味しないじゃないですか。たいてい。
特にイカとか。なんなのあいつ。
味しないくせに平然と刺身選抜レギュラー気取りじゃないですか。イカのくせに。
自分の地位が揺るがないと思ってる。
タマゴより上とか思ってるフシもある。

まあ、いいんですけど。
ただ刺身って素材の質にすごいこだわるじゃないですか。
養殖ものは味がちがう味がちがうって言って。みんなで言って。

いや、でも、全部しょうゆ味だよアレ。
もし刺身がポテトチップスだったら
パッケージにでっかく「しょうゆ」って書かれるよ。

そんな味の大部分を担っているしょうゆなのに、
そこの質にはあんまり言及されませんよね。
いいんでしょうか?と。

伊豆ツーリングの際に訪れた漁村の定食屋で
頼んだ刺身定食に駅弁の付録みたいなしょうゆが付いてきて、
ちょっとどうかと思ったササガキでした。

まあ、じゃあ良いしょうゆの味が分かるのかって言われたら
分かんないけど。

味ってなんだろう。

投稿者 sasagaki : 22:11 | コメント (2)