« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月20日

 神様への3つのあれ

暇な時につい考えてしまう妄想ってあるじゃないですか。
宝くじが当たったらとか、
超能力が使えたらとか、今の記憶のまま過去に戻れたらとか、
まあいろいろ種類があると思うんですけど。

僕がよく考えるのは、
神様が突然現れて願い事を3つまで叶えますというパターンです。

はいどーも、神様ですけどねー。
いやー、やってきました、ラッキーチャンスのコーナー。ってことで、
じゃ早速ね、願い事の方をね、じゃんじゃん叶えていきたいと思うんですけども。
さて、まずは注目の、願い事、第3位は!?
どうぞ!!

って急に言われるわけじゃないですか。
そうなるともう、とりあえず1つ目の願い事が
「あ、ちょっと、あとにしてもらえます?」になってしまう。
どうしてもつい言ってしまう。

でもそれって曖昧だからすごい質問攻めに合います。

え、いつ?あとっていつ?それ神様感覚でいいの?
500年くらい平気でたっちゃうけど?
いや500年て!神様ヒマだよ!

みたいなことをさんざん言われて細かく説明する羽目に。

とにかく願い事を考えるたびにいろいろな問題にぶち当たります。
神様が奇跡を起こせるのは神様が創造したものだけなので、
例えばお金持ちになりたいと言っても、
神様は日本銀行じゃないから番号重複のニセ札しか作り出せません。
とか言われてらちがあかない。

あと自分以外の人間の願いも左右できないから、
基本的に他人を動かすこともできない。
ハーレムでモッテモテ!みたいな男子の夢はおよそ叶わない。
ものすごく空しい形でしか叶わない。

結局突き詰めると
願い事の2つ目が「僕が全力で祈った時にもう一度現れて欲しい」になり、
3つ目はその時本気で考えますよろしくお願いします。
みたいな感じになって、神様としてわりと普通な様子になってしまう。

あーでもちょっともったいないことしたかなー。
うーん。でもしょうがないよなー。
などと悩んでいる間に小一時間が経過。

そんな虚無としか言いようのない週末を送っている僕ですが、
今日も元気です。

投稿者 sasagaki : 19:57 | コメント (4)

2009年10月14日

 竜の巣

あのー、台風来たじゃないですか。
あの日は朝家を出る時もすごい風が吹いていて、あー、これは、アレだなと。
電車とかあんま動いてないなと。直感したわけです。すごいね直感。

ほら、僕と言えば、予知能力でおなじみじゃないですか。
1時間先を予知させたら右に出るものはいない(右向きに高速回転しているため)
と言われてるじゃないですか。
だもんだから、ここは自分の直感を信じまして、バイクで会社に向かいました。

風は確かに強烈でしたが、そこはほら、僕のバイクほら。ね。
てめハーレーなめんなと。風がなんぼのもんじゃと。
気合いを入れてぐいぐい走ってたわけです。

ともあれさすがにレインボーブリッジを渡る気にはなれなかったので
築地経由で迂回することに。

いつもはレインボーなんですけど、
迂回ルートでもさほど時間は変わらないので、
こんな風の日はこっちだろうと迷わず右折したんですが、
築地前でまさかの終末到来。
かつて魚介の類が収納されていたであろう発泡スチロール箱が
路上に大量に舞っていました。

わー、これアレじゃん。世界が終わるときの感じじゃん。
ラピュタにおける「バルス!」の状態じゃん。
ダメ!こっちがいかにゴリアテ級の巨大戦艦だとしても
そんな文明が滅びるクラスの攻撃はダメ!逃げて!

といっても止まるに止まれず、
そのまま崩壊中の竜の巣(魚介臭強め)に突っ込みました。
尋常じゃない風の音に取られるハンドル、手前の車に容赦なくぶち当たる発泡箱たち。
いやー、危ない。宙を舞う発泡スチロールの挙動は全く読めないし、
なんなら本当にラピュタ見えるんじゃないかと思いました。
すごいぞ、ラピュタは本当にあったんだ!父さんは嘘つきじゃなかったんだ!
あのちーへーいーせーんーらーらーららー♪ シーター!パズー!
ははは、人がゴミのようだ。人っつーか僕がゴミのようだ。ゴミのような僕だ。
うわー。

と、パニックの末蛇行運転のまま築地を突破。全体的には事なきを得ましたが、
台風の日はバイクに乗っちゃいけないんだということが分かりました。
先に言ってよ!


あと電車は本当に止まってて、打ち合わせメンバーが誰も出社できず、
なにも急いで来る必要なかったのにみたいな感じになってました。

うーん。
やっぱり人は土から離れては生きられないのだよなあ。
関係ないけどさ!

投稿者 sasagaki : 01:16 | コメント (2)

2009年10月09日

 何も感じない話

じゃあ、何も感じない小話をひとつ。


最近、うちのワイフが私にこんなことを言うんですよ、
「いい加減その犬小屋から出てきたらどうなの?」ってね。
だから私、言ってやりましたよ。
「これは犬小屋じゃない。ワンルーム型一軒家だ。
お前の方こそそのバカでかい牢屋から出たらどうなんだ」
すると彼女はこう答えましたね。
「とりあえず口の中のドッグフード吐き出してから喋ってくんない?」


では、仕事に戻ります。

投稿者 sasagaki : 22:18 | コメント (2)

2009年10月07日

 暴風対策

台風が来てるみたいですね。これが結構大規模だとか。
朝のニュースで台風情報をやっていて、
「飛ばされやすいものは片付けてください」みたいなことを言ってました。
その後、何気なく携帯電話を開いたら
メール配信のウェザーニュースでも
「飛ばされやすいものは片付けるなど〜」とかぶせてくるほどの念の入れよう。

なにやらこれは相当飛ばされるっぽい。
とりあえず飛ばされることは確定っぽい。

しかし朝から雨で洗濯物は干してないし、
いったい何を片付けたらいいんだろう。
飛ばされやすいもの。飛ばされやすいもの。

えーと、自信?
社内での立ち位置?
あと連絡網の順番とか・・・。

なんかそんなものしか浮かんできませんが。
とりあえず大事を取って、
吹いて飛びそうな勇気と希望は心の小箱にしまっておこうと思います。

まあ、いつもの置き場所と一緒ですけどね!

投稿者 sasagaki : 17:18 | コメント (2)