« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月26日

 革ジャン反抗期

あの、革ジャンをね、買ったんですけど。赤い。
シングルのライダースで。schottっていう。

まあ。
似合わないわけですけど。

いや、革ジャンは前から欲しいと思ってて、
でも高いじゃないですか、革ジャンって。なんなのあれ。
あんな高いもの着ていいの?ぼく確か全裸で生まれてきましたよ?
いやー、恐れ多い。ちっとも身の丈に合わない。僕程度の存在が革ジャンって。
裸で生まれた僕には皮膚という革ジャンがあるじゃないか。ジャンじゃないけど。

ということを3、4年はもやもや考えては諦めていたわけです。

でまあ、なんか今年、意を決して買ったんですけど。
それが赤ってね。革ジャンが赤ってね。
ないわー。
似合うわけがないわー。

無難に黒いやつにしとけば良いものなんですが。
でもふと赤くしようと思ったんですよね、なんか。なんだろうね。

取り合えず10年着ようと思って。
10年着たらさすがに似合うでしょ。
いいかげん僕自身が革ジャンに寄ってくでしよ。

その頃僕は40ですよ。
ね。40歳で赤い革ジャン着てたらなかなか良くないですか。
そんな40歳がいいと思う。

でも僕のことだから40歳で絶対赤い革ジャンは買わない。
なんか多分、茶色とか。
茶色のモコモコしたようなやつを買ってしまう。
ラクダの股引があったかいあったかい言って。
どてら着て。茶釜をこう、空けたり閉めたりしながら、公団住宅で1人。
そういえばドテラマンって昔いたよなー・・・あ、茶柱!見て茶柱!
つって1人で。
いや、ドテラマンはいいんだけど。

放っておくとそうなることが目に見えているので、
どっかでくさびを打ち込んで軌道を定めておかないといけない。
今後訪れるであろう人生の岐路において、
確固たる指針というか、しょうがない理由と言うか、
向かう方向が自然といい感じにふわっと決まっちゃうような
なにがしかのアレが必要なんでありまして。

そういう意味でも、ここは、無理して赤でしょ。
必死で赤着るしかないっしょ。
ね。

うん。何の話だこれ。
どうでもいいよ。

とにかく牛革着て生まれてくれば良かった。

投稿者 sasagaki : 22:09 | コメント (0)

2010年11月19日

 足の速さとお金持ち

お金持ちの男が好きな女性と、
足の速い男子が好きな女の子が同じに見えているという
堀江貴文さんは、
もはや生物学的にお金持ちなんじゃないかと思う。

お金を稼ぐこととか、
足が速いこととかは、
いずれ所詮は自分の才能を測る物差しのひとつにしか過ぎないのだろうか。

すると、僕の持っている最大の才能であるところの
「寝起きの良さだけは誰にも負けない」で
女性にモッテモテになる可能性だって十分にあると言えるのではないだろうか。

ただひとつ問題があるとするならば、それを披露する場面が皆無。という。

投稿者 sasagaki : 03:35 | コメント (0)

2010年11月10日

 ウルトラ

はい。やります!
働けるのは3分までですけど頑張ります!
やる気は誰にも負けません!
実家から通えればもうちょっといけるんですけど、
まあ、実家300万光年離れてるんで・・・。
でも大丈夫です!やります!元気です!

というウルトラマンような人は普通採用しない。
もうちょっと近場で都合の良い宇宙人アサインできなかったの?
いくら強くても俺なら他の外注をあたるね。

と、弊社の敏腕プロデューサーが申しておりました。
ええ。

確かに条件が厳しい。

なんかすごい遠くの宇宙の人だって言うから色々期待してたのに
やること意外と取っ組み合い。でや!とかいって、くんずほぐれつ。
そうこうしているうちに3分経っちゃってあわあわして。
なにがウルトラなのかね君は。
もっと早く光線を出したまえ光線を。
と怒られる姿が目に浮かびます。

いや、浮かびませんすいません。

投稿者 sasagaki : 01:14 | コメント (0)