« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月27日

 のろし

昔、Windowsのノートパソコンを1台持っていて、
検証用とかそういうのに使ってたんですけど、
まあ、あんまり使わなくなったので2年ほど放置してまして。

それでしばらく前に久々に中のデータが見たくなって電源を入れましたところ、
あのー、あれはなんと言うのか、
パソコンからあんまり出てくるのを見たことないような、こう、白い感じの、煙?
煙が出てきまして。
いや、データを出したかっただけで煙を出したかったわけじゃないんですけど、
何の機能なのか煙が延々と吐き出されまして、
え?なに?のろし?なに?敵襲なの?騎馬が来るの?
とか狼狽えているうちにパソコン本体が膝の上で考えられない高熱を発し始めたので、
慌ててコンセントを引き抜きました。
あのまま放置していたら新しい太陽系が生まれていたと思う。

それでまあ、怖いので再び放置して現在に至るのですが、
昨日、なにやらそのパソコンについて
「至急ご確認ください」という、
のっぴきならないトーンのお便りが届きました。

曰く、
「あなたのパソコンが重大な危険にさらされています!(マカフィーより)」
ということなんですけど。

んー。まあ、それ、知ってたよね。
危険にさらされてないパソコンからはたぶん煙出てこないし。
急に高発熱体になったりしないし。

まあ要するに、セキュリティソフトのアカウントに登録していた
カードの有効期限が切れるので、
このままだとサポートが継続できなくなり、重篤な事態に陥ります。
というようなことなんですけど。

いやね、とっくになってんの。その状態。
煙出てんのパソコンから。
ウィルスとか関係なく、物理的に僕の命が危険にさらされてんの。

そらアカウントを確認しようにも、
電源入れると起動画面の代わりに煙がもくもく出て来ちゃうんだから。
そういう場合も守ってもらえますか?
これ監視してくれてるんですか?
わー、助けて!怖い!パソコン怖い!熱いし!早く!マカフィーさん早く!
ギギギギギ・・・・。つって。なるっしょ。

まあもう使わないからいいけど。
というか使わないPCのセキュリティに2年も金払ってたのかと。

ぐっ。

投稿者 sasagaki : 00:52 | コメント (0)

2012年04月13日

 SIMなしほういち

もう長いことiPhone 3GSを使ってるんですけど。
なんだろう、最近もうろくして来たのかなんなのか
気を抜くと突然「SIMなし」とか言い出すようになりました。
そうなるともう一切のネットワークを遮断して
貝みたいになっちゃうんですが。

いやいやいや、あんたさっきまで元気にまとめサイト漁ってたでしょ。
もうなんか哀れなくらい必死に漁ってたでしょ。
まあ漁ってたのは僕なんですけど。
とにかく問題なく動いてたでしょう?
それがなに?急に気絶?なに?病気なの?

ちょっと、思い出して!今までの自分を!
忘れないで!あの頃の大切な記憶を!
かけがえのない命の煌めきを!

ああ命はいいや。

とにかくSIMを指し直せば復活するんですけど、
こう、鋭利なピンみたいなものを頭のとこに突き刺して、
SIMの乗ったトレーを引き抜いて。ふーふーしてから指し直す。
もうね、完全にファミコンのそれなんですけど。
天下のiPhoneと言えども詰まるとこファミコンなんでしょ?

ただ、鋭利なピンみたいなものを普段持ち歩いていないので
そうなるとしばらくは放っておくことになるわけです。

それで、信号待ちの時とかについ癖でiPhone出しちゃったりして、
貝になった画面を見て愕然とします。
自分はこんな時にもiPhone見なくちゃいかんのかと。
完全に依存しとるぞと。

なんだ、iPhone持ってなかった時って、
こういう時にいろいろ考え事をしてた気がするんですよね。
電車の中とか、エレベーター待ってる時とか、
そういう時に考えてた妄想とか思考ってどこへ行ってしまったんだろう。
完全になくなってしまった気もする怖い。
まあ9割は不毛な妄想だった気もするけど、なくなったとなると怖い。

例えばこうした思考する時間の喪失はいま全世界的に起こっていて、
それは将来なにか良からぬことをもたらすのではないか。

情報で体を満たしたつもりでいて、その実、
本当の声を聞き分ける耳を食いちぎられているということにならないか。

確かにiPhoneは素晴らしいイノベーションの産物だけど、
iPhoneを使う人にiPhoneは生み出せないかもしれない。とか。
あるいはその先に新たなイノベーションが生まれるのだろうか。
分からないけど。

少なくとも昔、
エロ本を所有するために持てる能力の全てを費やした僕の情熱は
今の時代には存在し得ないわけでしょう?

ああ。じゃあ別にいっか。

投稿者 sasagaki : 00:36 | コメント (0)

2012年04月06日

 大外刈り

「大外刈り」禁止 中学柔道指針 試合は座った状態で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000029-san-l22


まあ。
こうして危なっかしい感じの技の使用が禁止されていくわけですが、
なんかこういう武道のやつって、
禁じ手として密かに語り継がれる。みたいなとこあるじゃないですか。

あー、語り継いじゃうとねー。
これ日本人の悪い癖でもあるんですけど、
歴史ある物は必要以上にありがたがる性質もあったりして、
何だか変に神格化してしまうものです。

それで、長い間に悶々と醸成された畏怖のようなものが、
やがて妙にカッコイイ存在として表舞台に再登場してしまう。

未来の少年ジャンプとかに出てくると思うんですよね。
伝説の「大外刈り」の使い手が、主人公の前に立ちはだかって。
 
 
なっ、なんだあの技は!
バカな・・・大外・・・刈りだと・・・!
よせっ吉田!いくらここが柔道用ふかふか安全マットの上だからって
試合中に立つなんて無謀すぎる!死ぬぞ!
い、いかん!あの技は危険だ!みんな伏せろっ!!
ズギャァァァ!!わあああ!!

次号、吉田が放った伝説の禁じ手「大外刈り」の影響で
地球上の8割の生き物が死滅!?の巻。乞うご期待!!
 
 
うん。なにこれ。

投稿者 sasagaki : 22:45 | コメント (0)