« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月14日

 女神なにしてたの問題

あのー、斧をね。
湖に、こう、うっかり落としましたところ、
急に、ザッパーン!つって、女神さまが、なんか出て来て。
あなたが落としたのはこの金の斧ですか?それともこちらの銀の斧ですか?
え、普通の斧ですけど。
偉い!正直で偉い!そんなあなたに金の斧をあげちゃう!
わー!パチパチパチ!
っていうアレあるじゃないですか。

あの手の話って、いつも思うんですけど、
斧落ちてくるまで、女神さまそこでなにしてましたか?

まさか最初から斧きっかけで出てくる予定じゃなかったでしょう?
それともなに、斧専用女神なの?
なにその自然破壊する気満々の女神。とっつきにくいわ。

なんというかこう、出るタイミングうかがってたと思うんですよね。
かなり前から湖の底にいて。

湖に赴任して最初の頃なんかは慣れないもんだから
松ぼっくりとかが落ちてくるたびにいちいち飛び出ちゃったりして。
金の松ぼっくり持って。一人で。
ザッパーン!つって。
なんならちょっと光りにも包まれちゃう。誰も見てないのに。

これ、女神としては超恥ずかしいやつだから。
すげー仲間の女神に笑われるし。
あいつ見た?松ぼっくりで出てんの!うけるー!とか言われて。
しばらく笑い者ですから、
それからはだいぶ慎重になったと思います。

その後いろんなものが落ちて来てもまあ、けっこう耐えて。
長靴落ちて来たあたりで1回出かけたけどぐっとこらえて。
我慢して我慢して。
もうそろそろ限界だってところで落ちて来たのが、斧。

うおー!斧かー!マジかー!
これ出るやつかなー・・・うーん、斧って、微妙だよなー。
スルーかなー。いや、まあでも、金の斧って、ほら、わりと聞こえいいし、
資産にはなるけど実用性がなくなるっていう、その感じが
自然破壊へのアンチテーゼにもなるみたいなとこあって、女神的にもオイシイっつーか、
そこそこいけてる感じがしないでもないっていうか。
まー正直、そんな、女神的にベストかっつーと、微妙なとこではあるけど、
でもまあ、そこはそれ。この際いったん、出てみますか。
出てから考えますか。うんそうだ。そうしよう。いったん出よう。イケメンかも知らんし。
ええい!どりゃー!
ザッパーン!

の流れだと思うんですよね。

でまあ、出てみたら、いるのはただの正直なきこりで。
イケメンかっつーとまあそうでもなくて。
そこだけはほんと、痛恨なんだけど。マジ痛いんだけどそこは。
ただまあ出ちゃったし、すげーキラキラした目でこっち見てるし。
まあーよく考えたらそりゃそうだよね。きこりだよね普通に。
はいはい、金ですかー?銀ですかー?
したらまあそこは正直に普通の斧だって言うから。偉い偉い。
ただぶっちゃけきこりなんて、たいてい全員正直者だけどね。普通だけどね。
あぁー・・・しくったかなー。もっとこう劇的なやつなかったかなー。
しゃあないかー。くそー。
あ、じゃ金の斧あげるね。はいはいどういたしましてー。
じゃああの、帰るけど、それ大事にね。
重くて使い物にならないと思うけど。そこはホントごめんだけど。
売ると良いと思うよ。うん。
頑張って。うん。わかったわかった。
あのさ、もう落とすなよ。
うん。じゃ、そう言う事で。
失礼しまーす。
ぶくぶくぶく。

そんでその後しばらく湖の底で反省会してると思う。
まあ、湖配属の時点であんまり期待できなかったと思うから
気落ちしないでほしい。人事の問題だし。
自信持ってこう。
 

投稿者 sasagaki : 02:54 | コメント (0)