« 90円自販機とは | メイン

2019年03月15日

 浦島の亀にもっと想像力を




たまには何か書かないとアレしちゃうので
古典的な昔話いじりでもしようかなっと。


あの、浦島太郎の亀ね。
あれ組織に一人いると困るタイプですよね。
悪意はないけど想像力の欠如から現場を混乱に陥れる、
何しだすかわからないヤバいやつ。

まず、漁師を龍宮城に連れてくる感覚がどうかしてる。
そりゃタイやヒラメの舞い踊りで喜ぶだろうけど、
運営側は気が気じゃない。
釣り竿ずっと持ってるし。命がけの接待を強いられてる。
正直早く帰って欲しい。

自分が助けられたからって仲間全員を危険にさらしてるわけで
たとえ恩があったとしても割に合わない。
なにしてくれてんだ。

すると亀は情にほだされて漁師である浦島側についたのかというと、
別にそうでもない。
龍宮城に着いたらもうぜんぜん出てこないし、
恩人を最終的に玉手箱で爺さんにさせちゃってるのをどう考えているのか。
アイツのせいで浦島太郎、亀助けたら爺さんにされちゃうっていう
教訓もクソもない謎エクスペリエンスになっちゃってるのに。

そもそも龍宮城という強力なカードを持っているにもかかわらず
それを切るタイミングがおかしい。
龍宮城ちらつかせるなら普通、いじめられてる時でしょう。
「あ、ちょっと待って、きみたち龍宮城って興味ある?」っつて。
いじめをやめさせる交渉材料として十分だし、
最終的にいじめっ子を爺さんにさせちまえばいいわけで、
話としてもシンプルなものになる。

だのにあいつときたら助けが来るまでずっといじめられてんの。
龍宮城カードもったまま。
そんであろうことか助けてくれた人間を最終的に爺さんにさせちゃうわけ。
なんなの。何がしたかったの結局。

なんだか多分悪気もなくて、
ことの顛末もろくに確認せずに、恩返しで良い事したくらいの感覚でいそうなのがほんと怖い。
そりゃね、いじめられてた事自体はもちろんかわいそうだし、
基本ルールも逸脱してないからどうこうできるもんでもないんだろうけど。

ただもっと自分が何をしているのかよく考えて、
それによって誰がどんな気持ちになるのか想像して行動して欲しい。

こんど管理職をやることになったおじさんからのお願いです。
 
 
(例) できる亀の龍宮城カードの使い方
--------------------------------------------------------------------------------------------
あ、ちょ、ちょっと待って、いっかい棒置いて話聞いて、そう、いっかい聞こう。うん。
あのさ、きみたち龍宮城って興味ある?
いやー、まあなんというか、すごい、いいところっていうか。
まあ、亀いじめるよりはね。面白いっていうか。
つーかなにが面白いの?亀いじめて。自分で言うのもなんだけど、つまんなくない?
悪いけど龍宮城はホントやばいから。連れて行ったら全員超面白いってなるし。
アミューズメント感すごいあるし、なんかほぼ全員半裸だしね。
なんつーか、半裸でスポッチャしてる感じっつーかな。よくない?リゾート感すごくない?
これね、今しか行けないの。ほんと、交通手段が亀しかないんだから。どうする?
あ、いく?今から?OKOK。
じゃまず受付で渡される玉手箱にムームー入ってるから
すぐ開けて着替えてきて。
--------------------------------------------------------------------------------------------

投稿者 sasagaki : 2019年03月15日 19:21 

コメント


コメントしてください




保存しますか?